青梅から花鳥風景

fumigerais.exblog.jp

ご近所などちょっと出かけて野鳥や自然の風景を気楽に撮ってみた。

ブログトップ

2018年1月

2018年1月

冬鳥のシーズンだが野鳥の姿がさっぱり。
年が明けたので気を新たに感動の出会いを期待して出かけよう。
(写真はクリックで大きくなります。)


1月上旬、近所の神社付近へ。
何も出ない中付き合ってくれたのはシロハラ、その貫録の背中。

b0311071_16503155.jpg



ジャノヒゲ?をパクリ。

b0311071_16502345.jpg


近くの枝に移動、白い腹を見せてくれた。
これ以上付きまとうのをやめ、さい銭箱にチャリン。
何も願わず2例2拍手。

b0311071_16503437.jpg






日本野鳥の会奥多摩支部65周年記念で。
岳山駒鳥山荘に宿泊、夕食前の鳥の足、食後の鳥のくちばしのついてお勉強会。
その後は部屋で飲み会、とはいえ私は深酒をするといろいろ体に良くない。
いただいた高級焼酎をなめながら鳥談義。



翌朝みんなはご来光をと早起き御岳神社方面へ。
私は宿に残りマイペースで宿からのご来光をひとり眺める。
カヤぶき屋根も少し残る集落の日の出もなかなか。

b0311071_16504119.jpg




良く昼食をとる長尾平にも朝日が差す。

b0311071_16505127.jpg




出発後の奥日光方面を見ると男体山、白い白根山もキレイに。

b0311071_16505563.jpg



修復がかなり進んだ東馬場家のカヤぶき屋根、
ビックリするような費用がかかるという。

b0311071_16510198.jpg





1月中旬、ご近所の永山丘陵へ探鳥初もうで。

山道に入ろうとしたら一直線に脇を前方に飛ぶ鳥が。
少し前のヒノキの枝にとまった、道から近いすぐ前にいた。

b0311071_16511393.jpg



ツミだ、こんなに近くで遭遇する初めて、
小型の猛禽だが小鳥を猛スピード追いかけながらにハンティング技術はスゴイのだ。

b0311071_16570000.jpg




少し前に進んでみる、逃げないのでゆっくり観察。
あまりにも近いので進むと逃げるのは承知で歩く、やはり飛んだ。

b0311071_16571379.jpg





冬鳥が見たくて「青梅の森」へ

小鳥たちは少ないが突然大きな動物が、一瞬クマかとも。
ニホンカモシカだ、近い、こちらの様子をうかがいながら通り過ぎるのを待っているようだ。
こちらも様子をうかがいながら撮らせてもらう。

b0311071_16572267.jpg




見つめる顔のアップ、ウシ科の動物であることがわかる。

b0311071_16573758.jpg


天然記念物ではあるが青梅ではそう珍しくはない、運が良ければたまに会える。
駅近くの丘陵でも散歩の人が時々「見たよ」と教えてくれる。
b0311071_16574336.jpg




小鳥の出は少なく寂しいが、いつものヤマガラさんはいつも通り。
ちょこまかご愛嬌姿を披露してくれる。

b0311071_16582627.jpg




ご近所延長?青梅の端っこの山。
近くの丘陵では冬鳥が少なく、欲求不満気味なので御岳山を散歩。

出会いが少ない中、迎えてくれたのはエナガの群れ。
ブナの木で飛んだりホバったりぶら下がったり。
右の塊はブナの実が落ちたブナの”イガ”。

b0311071_20374175.jpg



日当たりの良い道端のヒガラがモミの木の中で餌さがし中。
b0311071_20374702.jpg


突然道大きな影が飛び出した、ビックリ。
ヤマドリだ!、めったに会えない大物に興奮。
b0311071_20375456.jpg


飛ばないで歩いて行ってくれたのでよく見ることができた。
みごとな長い尾のオス。
b0311071_20380083.jpg


冬鳥あまり出ないながらも集落の道でカヤクグリ2羽以上。
カシラダカの群れに交じって地上で餌さがししている。
b0311071_20380764.jpg


針葉樹の森でカケスが近くに。
b0311071_20381350.jpg


そんなに珍しくはないが、ゆっくり見る機会は少ない。
声は悪いがブルーの羽がきれいだ。
b0311071_20382045.jpg



ケーブル駅近くの斜面でお馴染みジョウビタキ♂と会って。
まあまあ満足の一日となった。
b0311071_20382800.jpg





1月下旬
東京に大雪が降った2日後暖かくなった午後どうなっているか近所の丘陵へ行ってみた。

南斜面は雪が解けグランドは水浸し、日陰はアイスバーンでつるつる。
危ないったらありゃしない。
b0311071_20352711.jpg

そんな中、藪でチラチラ動くもの、一瞬姿を見せたルリビタキ。
メスタイプ(若いオスとメスは見分けが困難なのでそう呼ぶことになっている)、だが。
私はオスの若鳥のような気がする。
b0311071_20353261.jpg



ハイキングコースを歩き始めると道端にまた可愛いルリビタキ、
茶店の店番のようにつぶらな目で愛嬌をふりまく。
b0311071_20354691.jpg



頭の上をジュルジュルと集団で通り過ぎたのは、エナガ。
かわいさではルリビタキ(14Cm)に負けていません。
体長13,5Cmなので長い柄を差し引いたら相当小さい。
b0311071_20355205.jpg



こちらは日本で一番小さいキツツキのコゲラ。
赤松の幹で餌さがし奮闘努力中、その動きが可愛い。
b0311071_20355743.jpg


空に何かが飛ぶのに築く、猛禽のツミだ。
首をかしげて私を見ているのか、獲物を探しているのか。
悠然と旋回中。
b0311071_20360417.jpg



鉄道公園の近くの森でゴツゴツゴゴンと鈍いキツツキ音が。
どこだと探す、サクラの生木をつついて餌さがし中のアオゲラだ。
ノミのような鋭い嘴で木くずを飛ばして。
b0311071_20361399.jpg


穴の奥に餌は見つかったかな。
b0311071_20361784.jpg



残雪の上を歩いている鳥が、シロハラ♀だ。
名前の通り白い腹だが雪の白さには勝てません。
b0311071_20362548.jpg


帰ろうと南斜面を下りると、またルリビタキ、今度は瑠璃色が人気の♂。
こちらを警戒か、それともこんにちは!の挨拶か。
b0311071_20363135.jpg


雪と私のどちらがキレイと言っているのかどうか、下手に返事はできません。
はっきり答えると後が怖いかも。
b0311071_20363551.jpg




1月末
今月はおわりと思ったが・・・
ご近所友田で初めて遭遇してしまった水鳥を追加。



先日降った雪が日陰は残り、グランドは水浸し、
多摩川沿いの芝生は乾いて何とか歩ける。
b0311071_16331978.jpg


常連のセグロセキレイが芝生で餌を食べて、
爪楊枝?をくわえて満足顔。
b0311071_16332371.jpg



多摩川の方へ行ってみるとオオバンと水鳥の群れがいた。
b0311071_16333127.jpg


特徴的な白いポッチが見える、ホオジロガモだ!
ここ何年かはもっと下流の羽村の方に来てたのだが、
今年は青梅よりに滞在しているようだ。
b0311071_16333447.jpg



オスメスのカップル、交互に潜って餌さがし中。
b0311071_16334027.jpg



メスの後をついて泳いでいるのかな?
b0311071_16334300.jpg


コントラストと毛並みの良いお似合いカップル。
b0311071_16334896.jpg


幼鳥を含めた全部で7羽の集団。
b0311071_16335502.jpg


おわり

 ______2013年以前のページはこちら______


[PR]
# by fumigera2014 | 2018-01-20 12:15 | 野鳥 | Comments(0)

2017年12月

(写真はクリックで拡大できます。)


12月上旬。
今年も早いものもう少しで終わる。

相変わらずぐーたらバーダー状態、さすがに近所では初めて見る鳥たちには中々会えない。
高い山とか離島へ行けばまだ見たことのない鳥たちに会えるのだが・・・
なんとなくただ日が過ぎてしまうのだ、これも加齢現象の一つかも。


御岳山探鳥会の解散直後めったに会えないオオアカゲラが出た。
一部の人は時間中に見たようだが・・・
歓声をあげみんな大喜び、薄暗い杉の森の中の枯れた落葉樹をコンコン突いて餌さがし。
しばらくいそう、何とか撮れるかもとコンパクトカメラでチャレンジ。



ブレているが間違いなくオオアカゲラだ。
b0311071_15161767.jpg



私の腕ではこれがこれが限界か。
縞模様とピンクがかった赤が美しい。
b0311071_15162340.jpg





今日はご近所永山丘陵へ、ちょっと散歩で出かける。

冬鳥たちははまだ少なくて会えない。
そんななかいつものようにコゲラが遊び相手に・・
見上げたおなかはこんな感じ。
b0311071_15184007.jpg



ぶら下がっての餌さがしも苦になりません、いつもやってます。
b0311071_15184033.jpg



「もみじにメジロ」、聞いたことないが、絵になっているかどうか疑問。
b0311071_15190577.jpg



あちこち探すが、カエデにはあまり餌はなさそう。
b0311071_15190978.jpg



12月中旬。
今年は寒さが速いとか。
北の国から冬鳥たちが来ていないかとご近所永山丘陵へ。


何もいないなーと諦め始めた時、コツコツ、コツコツの音。
最近は耳が遠くなったのでコゲラかなー。
待てよ遠い耳でもはっきり聞こえる、もしかして・・・
赤いものが目に入った、とりあえず撮る。
b0311071_15192168.jpg


ラッキーにも見えるところに移動してくれた。
アカゲラだ、この辺では冬しか見られない。
冬の日を浴びて盛んにコンコンとキツツキ、少し場所を替えコンコン。
b0311071_15192652.jpg

なかなか見つからないようだ。
樹をたたく瞬間は目をつぶる、目にゴミが入らないように。
b0311071_15193582.jpg


やっと見つけた。
虫も出されまいと抵抗するが、力ではかなわない。
あえなく餌となった。
b0311071_15193834.jpg


近くの暖かそうな陽だまり、落ち葉の上に飛んできたキセキレイ。
色が淡い、若いメスと思われる。
b0311071_15194411.jpg


低い尾根を越えた南斜面へ回る。
ツツジの植え込みの藪の中で何かがあちこち動く、なかなか見えない。
やっと見えるところにでた、冬鳥のルリビタキ。
♀と♂の若鳥は似ているので♀タイプと呼ぶ。
ベテランでも識別は難しい。
b0311071_15195994.jpg



昼なので近くのベンチでお茶とおにぎりのランチ、静かに座っていると。
藪から出てきたのは冬鳥ツグミ、渡ってきたばかりか警戒心が強い。
b0311071_15200753.jpg


こちらも冬鳥のジョウビタキ♀。
ルリビタキより目立つところによくとまってくれる。
付き合いのイイ性格、民家の庭先などにやってくる。
b0311071_15201135.jpg


留鳥のシジュウカラ、珍しくはない鳥だが・・
相変わらず忙しそうに枝や地面を行ったり来たり餌さがし。
みーつけたっ、と得意顔。
b0311071_15201895.jpg




仕事柄、道案内もしてくれます?
ヤマガラも留鳥、温かい日はこのコースの散歩がおススメと・・・
b0311071_15204699.jpg





12月下旬

奥多摩の探鳥会に参加、朝集合場所に集まったバーダー。
早起きして2時間もかけてくる人も。

b0311071_22001441.jpg


今年は鳥の姿が少ない、大した成果もなく盛り上がりにかける。

しかし突然大物の鷹を発見、比較的近い一気に盛り上がり大はしゃぎ。
b0311071_22001905.jpg

ダメ元でコンパクトカメラで撮る。
黒い顔が特徴的。
b0311071_22002552.jpg

だいたいが遠いことが多い、鷹のいる風景に。
b0311071_11280530.jpg




12月下旬。
午前中に溜まった家事をすまし、午後に近所の丘陵へ。

アスファルトの道を左右にジグザグ歩き丁寧に餌さがし。
捕まえたのはアリのようです。
b0311071_22004307.jpg


満腹にはならないがちょっと一息。
b0311071_22005193.jpg

歩いていると何かが飛びだし杭にとまった。
b0311071_22010486.jpg


今度は地上に、ビンズイだ、冬の柔らかい光で胸の縞がきれいに。
b0311071_22011292.jpg


静かに立っているとひ近くに寄って来た。
b0311071_22011760.jpg






年末の大掃除もおわり、お役御免。

久しぶりに御岳渓谷へ、カヤック、ボルダリング、
最近見かけるようになった自転車トライアルなど観光客がおおぜい。
b0311071_22012455.jpg

少ない中、水鳥はいつも通り。
気のせいか、御岳のキセキレイはキレイに。
b0311071_22013008.jpg

カワガラスを対岸に発見、ペアだろうか。
子育ての時期が早い種、もう始まったか。
b0311071_22013757.jpg


トビは数が多いので見てもバーダーはあまり喜ばない。
でもこの顔は立派な猛禽です。
b0311071_22014207.jpg



しばらく上流の方へ歩くとカワガラス、時々白い瞬膜が見える
b0311071_22014693.jpg


正面から見ると。
b0311071_22015711.jpg



ところどころ湧き水が凍っている。
まともには歩けない凍ってない端っこを何とか通過。
b0311071_22025041.jpg

小さなつららと氷筍も。
b0311071_22024259.jpg


もう1時、川原に降りてお茶とおにぎりを食べる。
期待通り近くに来たカワガラス。
b0311071_22020250.jpg


よく見えないが小さな虫を捕まえたようだ。
b0311071_22020956.jpg

座っている人間には警戒心が薄いようだ。
目の前にセグロセキレイが。
b0311071_22021552.jpg

鳴いているのか笑っているのか。
人間以外は笑わないと聞いているが。
b0311071_22021952.jpg



帰り道、美形ジョウビタキ♀が目の前に飛び出す。
残念ながら逆光。
b0311071_22022620.jpg


飛んでいる小さな虫を追いかけるキセキレイ。
捕まえたのだろうか、肉眼では見えず、撮ってから気が付いた。
b0311071_22023386.jpg
2017年 おわり


 ______2013年以前のページはこちら______


[PR]
# by fumigera2014 | 2018-01-03 11:19 | 野鳥 | Comments(0)

2017年11月

 ______2013年以前のページはこちら______


写真はクリックで大きくなります。






11月中旬。
小河内ダムへ、渡って来た冬鳥を見たくてひとっ走り。


やはりこの辺の紅葉は鮮やか、ダム下を覗くと色とりどり。

b0311071_20233430.jpg


散策道のモミジ
b0311071_20233588.jpg



エナガが虫を捕まえてお食事中。
b0311071_20233472.jpg


ご馳走様のポーズ。
b0311071_20233449.jpg


冬鳥たちにはさっぱり会えず、大きい葉っぱの黄葉でも。
b0311071_20233512.jpg




ダム下流の紅葉風景。
b0311071_20344839.jpg





11月下旬

40人くらい参加の奥多摩探鳥会に参加。



昔ながらの生活が今も?山際の民家の紅葉。
b0311071_17050561.jpg





ヒガラが杉ボックリの実を食べていた。
松の実に比べるとだいぶ小さいが味はどうかなー。
b0311071_16473808.jpg



クマタカ出現、山の上を悠然と飛ぶ。
みんな歓声をあげる、この間2・3分。
b0311071_16474470.jpg




見つけにくい鷹もみんなで探すと見つかる確率が多い。
鷹スペシャリストや重い望遠鏡を担いできてみんなに見せてくれる人に感謝。
主役は遠い森の中、400mmのレンズではここまで、雰囲気は撮れたと思います。
b0311071_17084702.jpg




おわり






[PR]
# by fumigera2014 | 2017-11-29 17:01 | 野鳥 | Comments(0)

2017年10月

 ______2013年以前のページはこちら______


写真はクリックで大きくなります。


2017年10月初め、日の出山へ
サシバの渡りシーズンも終盤、山の上に登って近くで見たいと。

期待通りわきあがるように次々現れ、上昇南の方へ飛んで行く。
昨年より高かったが数羽が頭上に、まあこんなところか・・・

b0311071_15201256.jpg




これはなんだッ、細い羽、早い飛び方、「ハヤブサ」の声。
鳥好き少年が最初に「チゴハヤブサでは」との意見、その場で拡大して見たらしい。
私も帰ってからゆっくり調べると「チゴハヤブサ」と判明。
b0311071_15201835.jpg

ちゃんと撮れなかったが縦縞が太い、下腹が少し赤茶、
風切り羽の模様、チゴハヤブサに間違いない。
出来はともかく初めて撮ることができたのでうれしい。
b0311071_15202437.jpg





10月上旬、三度目の梅の公園。

オオタカの若鳥が飛ぶ、まだ茶色でオオタカらしくはないが。
b0311071_15202782.jpg


高い空を飛ぶハヤブサ、これでいっぱい。
b0311071_15203456.jpg



観察会もそろそろ終わり、平日ということもあり参加者も少ない。
時々ベンチで休みながらののんびり観察。
b0311071_15203893.jpg



今日は出かけず家事の合間にベランダ

曇り空の多摩川上空ツバメの群れ飛んでいた。
遊ばせてもらう。
b0311071_15532690.jpg



低くは飛んでくれないが何とか撮ってみる。
無理やり拡大して見るとコシアカツバメ。
ベランダで初めて記録で来てうれしい。
b0311071_15533073.jpg





10月中旬

台風がやって来た。
翌朝のベランダ前、多摩川は大水。
アオサギも見慣れない水量に戸惑い気味。
これじゃー魚も見えない。
b0311071_19064075.jpg



夕方水位が少し下がり、少し落ち着いたように見えるアオサギ。
b0311071_19064594.jpg




10月下旬。

近所の丘陵へ、早い冬鳥が来ているかも。

あちこちに咲くコウヤボウキ、この時期小さく目立つ花。
b0311071_19065318.jpg


展望地でベンチに座り、休憩。
杉の高木に何かが飛んできた、モズ?。
ジョウビタキの♂だ、北の国からただいま到着か、不安そうに周りを見てまた飛び去った。
杉の木のてっぺんとは珍しい、これから民家の庭などの身近に。
b0311071_19070288.jpg



帰り道でエナガ中心、シジュウカラ、ヤマガラの混群に遭遇。
行動の変化からもうすぐ冬が近いことがわかる。
とにかく小鳥たちに囲まれると幸せな気分になれる。
b0311071_19071028.jpg


10月終わり。


[PR]
# by fumigera2014 | 2017-11-13 19:23 | 野鳥 | Comments(0)

2017年9月



 ______2013年以前のページはこちら______


写真はクリックで大きくなります。


9月上旬

天候不順が続いたがやっと普通に戻った感じ。

1時間くらいちょっとご近所の丘陵散歩。
ミズキの実、もう少しで完熟しそう。
野鳥たちの好物なのでよく見ないといいシーンを見逃す。

b0311071_18430285.jpg


野鳥たちのに会えない、この時期はこんなものか。
暑い日は水とおやつが欠かせません。
展望台でしばらく休み少し待つ、空を見上げるとやっと猛禽が出た。
b0311071_18430692.jpg




オオタカの若鳥のようです、悠然と天高く飛ぶ。

b0311071_18465811.jpg





9月中旬

再びご近所丘陵へ出会いを期待して。

ホウの実、実ってはじけると野鳥の餌にもなるらしい。
まだそんなシーンは見たことないが・・・

b0311071_18431594.jpg




出そうなところでしばらく待つ。
来た!、エゾビタキ南の国へ渡る途中ここに立ち寄ったのだ。
ダンディなストライプのスーツ姿が魅力です。

b0311071_18433635.jpg

そして、またヒラリの何かが。
オスに比べると地味なキビタキの♀です。
ほかの野鳥の♀と似ているので識別が難しい。
b0311071_18434571.jpg


こちらはその後ろ姿。
b0311071_18435199.jpg


駐車場近くに戻るとハクウンボク並木に数羽のヤマガラ。
豊作の実をしっかりとつかんで頻繁に森と往復。
b0311071_18440982.jpg


実をくわえて割っているようなヤマガラ。
自分で食べるのか。運びやすいように加工しているのかわかりませんが。
b0311071_18435948.jpg


滞在時間は2秒くらい、冬のための備蓄のようです。
b0311071_18440390.jpg





9月下旬、青梅市梅の公園

毎年このシーズンの恒例になった、サシバの渡り観察会に参加。

草刈り中で少しうるさいが、高い空を南にわたる鳥たちには関係しないようです。

b0311071_16070910.jpg



秋が来るとよく聞こえるモズの声、せっかくなので撮らせてもらった。
b0311071_16071526.jpg


ハチクマ、この季節にサシバのように南の国へ渡る。
蜂の巣を襲って食べるのでこの名、♂の成鳥。
羽が傷んでるように見えますが、順番にに冠羽中なので正常なのだそうです。
b0311071_16080934.jpg



こちらは暗色型♀の幼鳥だそうです。
冠羽してないので翼がきれいに揃ってる。
b0311071_16081663.jpg


蛾の幼鳥が植えたばかりの梅の幼木で葉っぱを食べていた。
透けるような緑色がきれい、なかなかの人気です。
b0311071_16082530.jpg


帰り道の彼岸花、お彼岸だー、ご先祖に感謝しなくちゃと思いつつ。
ごめんなさい、サシバ渡り観察優先で。
b0311071_16083110.jpg



サシバが一気南に向かって飛ぶ。
b0311071_16085333.jpg





御岳山へ何かを期待して。

渡りの途中のコサメビタキが静かに立っていた目の前に来てくれた。
いつのも可愛い姿で。
b0311071_16090344.jpg




サシバは1羽だけ、一気に通過してしまった。
もう少し低く飛んでほしかった。
b0311071_16091245.jpg



この辺でよく見かけるカケス、ブルーとくすんだオレンジがきれい。
カラスの仲間なので鳴き声はギャーギャー濁声です。
b0311071_16091937.jpg



ヤマハギの花。
真冬にはこの種を食べにあこがれの赤い鳥もやってくることも。
よほど運がよくないと見れないシーンですが。
b0311071_16092610.jpg



ブナのドングリ、実は細い栗のよう。
熊の貴重な食べ物でもある。
b0311071_16093006.jpg



9月末、ふたたび梅の公園へ。

今日はサシバがたくさん飛び、その迫力にみんな感動。
南の方へぐんぐん渡って行く。
多いときは100羽以上の群れも、(拡大して見て、何羽かな。)
b0311071_16040941.jpg



お茶とおにぎりの昼休み、近くの小さな森の散歩で。
ヒラリと舞い落ちるような飛び方、ヒタキ類か。
いました、オオルリの♀、そして瑠璃色が輝く♂も。
どうやら今年生まれの幼鳥のようです。
b0311071_16041836.jpg


撮ったときは分からなかったが、黒い実をくわえていた。
後日、タカノツメという樹木の実と教った。
(ぜひ拡大、一部鮮やかな瑠璃色を。)
b0311071_16042650.jpg



体力つけて南の国へ渡る準備はOKかな、
来年は背中全身ブルーになって無事帰ってきてね。
b0311071_16043477.jpg



サシバが頭上に、もう少し低く飛んでほしかった。
大変だろうが南の国へ行ってらっしゃい。
来年もよろしく。
b0311071_16044451.jpg


帰り道のコスモス、もう秋になったか。
これからは北の国からやってる冬鳥が楽しみだ。
b0311071_16045000.jpg

9月おわり。





[PR]
# by fumigera2014 | 2017-09-22 19:19 | 野鳥 | Comments(0)