人気ブログランキング |

青梅から花鳥風景

fumigerais.exblog.jp

ご近所などちょっと出かけて野鳥や自然の風景を気楽に撮ってみた。

ブログトップ

2019年5月

5月上旬

冬鳥たちは北の故郷に旅たち、夏鳥たちが故郷日本に帰って来る。
そして、虫が多く発生する春の日本で卵を産み子育てをする。
(写真はクリックで大きくなります。)

夏鳥代表各、色鮮やかなキビタキが近所の丘陵へやってきた、
散歩の人たち行きかう道近くに。
b0311071_11403755.jpg


さっそく囀りを森に響かせる、縄張り主張とメスへのアピール。
b0311071_11433229.jpg


こちらは無口、良い場所か確認中?
b0311071_11410317.jpg



先日偶然見つけたコサメビタキの巣、もう卵を温めている様子。
影響を与えないよう30秒以内で撮ることと決めた。
b0311071_11405637.jpg


少し谷側に降りると藪で何かが動いた、ニホンカモシカだ。
この辺りで時々見かける、少しこちらの動きを監視していたが、
嬉しいことに信用してくれたのか、若葉をうまそうに食べるところを見せてくれた。
b0311071_11411603.jpg




数日後、近所の多摩川を橋の上から見下ろす。

この時期としては珍しいオシドリのペア。
b0311071_11413735.jpg


2羽そろって浅瀬の方へ移動、メスの後にオスが着いて行く。
正におしどり夫婦だ。
b0311071_14182209.jpg



メスに愛撫?、ここにメスが誘ったのか?・・・
b0311071_14183126.jpg



もうすでに二人の世界、周りは目に入らない?
b0311071_14183941.jpg


そして馬乗り交尾開始。
b0311071_14184866.jpg



夢中の勢いでメスは水没。
b0311071_14185414.jpg



子孫を残すためにこの時期けの生態、クールダウン。
b0311071_14190098.jpg



ようやく落ち着いた表情に。
b0311071_14190705.jpg




翌日、奥多摩の奥の山梨県の高原へ。
標高1600以上の頂上はまだ冬の風景、ちょっと早すぎたか。


芽吹きも始まっていない、見晴しだけはイイ。
b0311071_14191660.jpg


ようやく春の兆しのマメザクラ?。
b0311071_14192100.jpg


林道を少し下って行くと、芽吹きが始まっていた。
道脇に座りおにぎりのお昼、一休みしていると
ミソサザイが近くに飛んできて石の上で羽繕い。
b0311071_14193116.jpg



小さな体だが大きな声で囀り始める。
b0311071_14193818.jpg


森の奥まで響き渡るように、メスを呼ぶラブコール。
b0311071_14194432.jpg


ヒガラがいつの間にか目の前に来ていて、虫のようなものを。
b0311071_14195460.jpg




コルリ?コマドリ?の囀りが近くで、どこだ。

いくらアチコチを見渡しても・・、
しばらくしてやっと林道わきにコマドリが出てきた。
b0311071_14495547.jpg


やがて大きな口を開けてヒンカラカラカラー・・と囀る。
さすが美しいと評判の声と姿。
b0311071_14500033.jpg


その後も森で盛んに鳴くがどこにいるか見えず。
やっと藪の狭い隙間から見えた、小さく囀っている
b0311071_14501750.jpg


道端の縁石にも出てきた、実はこのコマドリはカメラマンに餌付けされていたのだ。
そういえば太り気味に見える、
せっかく綺麗なコマドリに会えたが事情を知ると嬉しさも1/10に減少した。
b0311071_14502823.jpg


花はトウゴクミツバツツジだけ、色のない森に紫が鮮やか。
b0311071_14503465.jpg




後日、近所の玄関灯の上にやって来たツバメ、
巣作りできそうか確認中?
b0311071_14440713.jpg




5月中旬
御岳山探鳥会に参加

だいぶ歩いてロックガーデンで楽しい昼休み、おにぎりがおいしい。
そばに咲いてた見頃のヒメレンゲをパチリ、黄色い星形の花は赤いポッチがあった。
肉眼では見えなかった、虫も偶然写っている。
b0311071_14441922.jpg


ちょっと行ったところでみんなが見下ろしていたのはちょこまかミソサザイ、
巣作り用か苔を何度も採集している。
b0311071_14442935.jpg



町内の丘陵散歩、幼いエナガが近くに。
b0311071_14445099.jpg


口の周りにお弁当を付けて、目が赤いのは叱ら
れて泣いたわけではありません。
幼鳥はみんなそうなんです。
b0311071_14445643.jpg


帰り道民家の脇の小川にスズメが舞い降りた。
b0311071_14450504.jpg



やや暑い日で喉が渇いたようゴックン、冷たくて美味しい。
b0311071_14451292.jpg


まだ暑いなー
b0311071_14451921.jpg


こうなったら水浴びが一番。
b0311071_14452649.jpg




夏鳥に会いたくて今日も青梅丘陵散歩

その後どうなったのかコサメビタキの巣を確認。
体がだいぶ高く浮いている、もしかして・・・
b0311071_15073981.jpg



あまり長く見てると嫌がれるのでこの場を離れ歩く、
ベンチで休んでいると日照りでややしおれたヤマツツジが。
しばらくしてアゲハ蝶がやって来た、怖い顔?。
b0311071_15553290.jpg

赤いドットが目立つ、調べたら「クロアゲハ」のようだ。
b0311071_15555403.jpg



再び様子を見に、ちょっと待つと親らしきコサメビタキがやって来た、
遠くて良く見えないが、この動きは。
b0311071_15090263.jpg


よかったー、やっぱりヒナが生まれたのだ。
餌を与えている、黄色いひなの嘴もいくつか見える。
b0311071_15091533.jpg



親の口が何かしゃべっているようにも。
子供たちと会話?
b0311071_15093106.jpg



とにかく、カラスや猛禽に襲われず無事に巣立ってほしい。
影響しないように撮影は30秒以内と決めた。
その直後会ったバードウォッチャーの「何かいましたか?」に、
「別にこれといった鳥には・・」と秘密を通した。
b0311071_15093849.jpg

油断大敵、どうか誰にも見つかりませんように。





他に成果はない後日に体力温存、帰り際メジロの虫捕り場面に。
b0311071_15265575.jpg

枝に叩きつけおとなしくして。
b0311071_15263583.jpg


嘴フォークに巻いて、食べやすくしてヒナに運ぶのかな。
b0311071_15264221.jpg



(工事中!まだ続きます。)



# by fumigera2014 | 2019-05-18 14:02 | 野鳥 | Comments(0)

2019年4月

4月上旬

春本番、バーダーが心弾ませ色鮮やかな夏鳥を待つ。

(写真はクリックで大きくなります。)



ベランダ前の芽吹いたケヤキにやって来たシメ。
だいぶ嘴が夏羽の鉛色になっています。
b0311071_17273758.jpg


青梅丘陵散歩、コゲラが数羽(3羽かも)激しく猛スピードで追いかけっこ。
メスをめぐりバトルが始まったのだろうか。
b0311071_17300127.jpg


ヒノキの枝にとまったツグミ。
色も濃くなり見つめる先は北国か、帰り支度ほぼ完了。
b0311071_17300297.jpg


こちらにはジョウビタキ、背景の花はオオイヌノフグリ、
春の花は似合わないかも。
b0311071_17300293.jpg

着地に成功したドングリ、芽も伸び始めた。
大木になれるかな、頑張れ!。
b0311071_17300259.jpg


ヤマザクラ、芽吹きとともに咲き出す。
b0311071_17300256.jpg


鉄道公園前のオオシマザクラ、白い花が青空に映える。
b0311071_17300243.jpg



今日は御岳山探鳥会

日当たりの良い所はカタクリが咲いている。
探鳥は一休み、みんな写真を撮ったり眺めたり。
b0311071_17343342.jpg


ロックガーデンではいつもの場所に今年もコチャルメルソウが。
去年の台風の被害はなかったようでホッと。
b0311071_17350184.jpg


なだらかなハイキング道の奥にニホンカモシカ発見。
こちらと適度な距離に保って警戒しながらも下草を食べている。
b0311071_17353917.jpg



このエイザンスミレはピンクが特に美しい、色は白っぽいものも、
日当たり、土などの環境によって違うのかも。
b0311071_17355409.jpg


ベランダ前

急に荒れ模様の天気、突然雷音数回、そして雹がパラパラ降ってきた。
カワラヒワが慌てて空から降りきて不安そうな顔。
b0311071_17361687.jpg



こんな日はツバメが良く飛び交う、
動きが早いのでちゃんと撮るのは大変、これはイワツバメ。

b0311071_17363882.jpg


これは普通のツバメ、尾が長く喉が赤い。
b0311071_17365233.jpg


橋から多摩川下流を眺める、芽吹きが始まっている。
b0311071_17372043.jpg


昔ながらの近所のカフェレストラン、青春時代によく食べたナポリタン、
昭和の懐かしい味、残念ながら平成の終わりと同じ日に閉店する。
b0311071_17373274.jpg


近所の森へ歩いて、もしかして夏鳥が来ているかと入る、
地面から飛び上がったイカル、この時期はだいたいペアになっている。
b0311071_17375549.jpg


草地のニリンソウ、ピンクが蕾がカワイイ。
b0311071_17380601.jpg



道に下りたカワラヒワ、綺麗な夏羽になってきている。
b0311071_17300114.jpg



自宅付近、電線にまかれたテープが気になるハシボソガラス。
b0311071_17300120.jpg


中に美味しいものが入っているかなと突いている。
b0311071_17300123.jpg



ベランダ前

もうソメイヨシノが咲いているのに大量のぼたん雪、びっくり。
ベランダ前のケヤキに積もったが、所詮春の淡雪、短時間で解けた。
b0311071_17300133.jpg



4月中旬。

ベランダ前に鉛色に嘴が変わったイカル、
もう夏羽になって北国へ向かう、半年ほどのお別れに。

b0311071_17402055.jpg



もう気の早い夏鳥が来ているかもと青梅永山丘陵へ。

ヤマザクラは終わりかけ、そこにいつものようにヒヨドリとメジロが群れる。
その中に飛び方が違う1羽を見つける、
アップして見ると夏鳥代表格のキビタキ、半年ぶりに会う黄色にワクワク。
b0311071_21342954.jpg



展望広場からの眺め、落葉広葉樹の芽吹きが美しい。
b0311071_17413210.jpg


虫も出てきている、ヤマガラが捕まえた。
たぶんタンパク質豊富、柔らかく美味しいのだろう。
b0311071_17414771.jpg



盗掘されて少なくなってしまったシュンラン、やっと見つけた。
b0311071_17421093.jpg


展望台で休んでいたら空をハトが飛んだ、とりあえず撮る。
画像をよく見たらめったに会えないアオバト、
もっと間を置かず撮っていればといつもの反省、やっぱり甘い。
b0311071_17421983.jpg



帰り際、慰めるように頭上を通過してコナラに止まったのはアオゲラ。
b0311071_17425185.jpg


比較的近くでその艶姿を見せてくれた。
b0311071_17430791.jpg



近所の森へ再び

コゲラが追いかけっこ、
争いではなく兄弟でじゃれ合っているように見えた。
b0311071_17433456.jpg


フン!、どうだい僕の方が強いぞーと言ってるのかも。
b0311071_17434056.jpg



4月下旬。

奥多摩の探鳥会に参加、駅の近くでイワツバメの群れに。
巣材を競って集めているようだとのこと。
b0311071_17440960.jpg



枝に止ったキセキレイ、夏になって黄色が鮮やか。
b0311071_17443143.jpg



丘に登るとコナラの大木にコサメビタキ3羽が飛び廻る。
b0311071_17443842.jpg



目がクリっとしてカワイイので人気、色は落ち着いだグレー。
通好みかも?
b0311071_17444700.jpg


解散後、もう一人の仲間と見た、正体不明鳥。
ハトのように見えるがハトにしては変、ベテランに訊いても「分らない」、
図鑑にもない、東南アジアあたりから来たかもいうことになった。
b0311071_17450905.jpg





今日もご近所青梅永山丘陵へ夏鳥に会いに。

チラチラ動いていたのはコサメビタキ。
b0311071_17452011.jpg



拡大確認すると、巣のように見える。
巣作り中だったのかも、私の影響で巣作り中止しなければよいのだが。
b0311071_17453210.jpg



近くに飛んできたヤマガラ、捕まえたのは尺取虫か。
b0311071_17454150.jpg


白いフワフワ感がなんともイイ、マルバアオダモの花。
b0311071_17461378.jpg


真上を飛ぶ小型の猛禽、調整してみると赤茶の腹、ツミの♂だろう。
b0311071_21305114.jpg





またまた、青梅永山丘陵へ。

キビタキらしき地無きが二声、すぐに発見できた。
b0311071_17462801.jpg

しばらく行くと今度は目の前の枝に飛び出してきたキビタキ。
素早く蛾を捕えた。
b0311071_17473374.jpg


ハイーかも気になるはずだが、やっと見つけた餌のほうが大事なのだろう。
b0311071_17474838.jpg


展望台で座っているとツバメの群れに混じって羽が長いアマツバメ。
上下左右にビューンビュン飛ぶ。
b0311071_17481759.jpg



もっとはっきり撮りたかったが、まだまだ技不足。
b0311071_17482477.jpg


ヤマツツジも見頃に。
b0311071_17484965.jpg

外れの道を歩く、近くにキビタキ発見。
逃げないでじっとしている。
b0311071_17501677.jpg


まだ若い♂と思われる個体。
b0311071_17502455.jpg


キリリとしまった顔つき将来有望かも、無口を貫く。
b0311071_17503591.jpg


たくましいその顔をアップさせてもらう。
b0311071_17504481.jpg

おわり








# by fumigera2014 | 2019-04-30 21:04 | 野鳥 | Comments(0)

2019年3月

3月上旬

(画像はクリックで大きくなります。)

近所と言えるかどうか、塩船観音寺丘陵散歩。

散歩道にコゲラ、夢中で餌探し、餌の少ないこの時期、人間なんかかまってられません。
b0311071_17020309.jpg



落ち葉に紛れた落ち葉色のトラツグミに遭遇。
今期初めてちゃんと会えてトラ色に感動。
b0311071_17022813.jpg


針葉樹でちょこまか餌探し中、キクイタダキ。
ちゃんと撮るのは難しい、日本で一番小さい鳥。
b0311071_17024409.jpg


梅の木ではメジロ、良く見かける光景だが、
“ウグイス色”のメジロです。
b0311071_17025884.jpg


アカマツの根元で落ち葉を飛ばしながら餌を探すヤマガラ。
b0311071_17030803.jpg
★休憩に立ち寄った茶店の焼き立てだんご、素朴で香ばしくとてもおいしく、
「鳥よりだんご」だったかもしれない。




ご近所丘陵再び散歩、
瑠璃色のルリビタキに又会えた。

前回と同じ個体だろうか。
b0311071_17042163.jpg


びっしり咲くと毎年春を感じるオオイヌノフグリ、
今年も撮られずにいられない。
b0311071_17063520.jpg





ベランダが今日はなぜかにぎやか、
バーダーには“わくわくベランダパラダイス”


あっ鳥、のアトリの群れ≒20がやって来た。
b0311071_17033690.jpg


美味しいもの見つけた、パクリ。
b0311071_21272272.jpg


こっちの方がイイよ、と彼女に声かけ?
b0311071_17034572.jpg


下ではシマった顔のシメもやって来た。
b0311071_17035771.jpg


ツタの実を見つけたようだ。
b0311071_14051130.jpg





3月中旬

用事の合間の90分、ご近所河辺の川辺をちょっと散歩。


潜ったカモは?
b0311071_21144802.jpg

まだいたホオジロガモ、シーズン最後の姿かも。
b0311071_21145891.jpg


散策道から飛び出したビンズイ数羽。
b0311071_21151898.jpg


ツグミが見つめる先はふるさと北国か
b0311071_21152945.jpg





ご近所青梅丘陵散歩

ドングリはアチコチで着地成功、この地に根付いて大きな木になれるかな。
b0311071_13370850.jpg


親近感一杯のコゲラがヤマザクラの幹でコツコツ餌探し。
b0311071_13370711.jpg



黄色が目立つヤシャブシの花が咲きだし、春―!
b0311071_13372083.jpg


鉄道公園前でピンクのサクラにメジロ、
花から花へと回りながら蜜を吸う。
b0311071_13373444.jpg


帰りに橋から多摩川を見下ろすとオシドリ夫婦。
手前のカルガモに接近しすぎて突かれた。
反撃の羽ばたきか?、鮮やかさでは勝ちー。
b0311071_13374557.jpg




3月下旬

奥多摩むかし道探鳥会に参加。

準備もそこそこ集合受付場所でさっそく鳥たちが現れる。
b0311071_13380152.jpg



少し歩いたところであこがれの大きなタカがゆったり空を飛ぶ。
b0311071_13380818.jpg



自慢の髭とヘアスタイルのヒガラ、こちらを監視?
b0311071_13383311.jpg



自宅ベランダ前。

芽吹いたばかりのケヤキで何かを食べてるメジロ。
b0311071_13384030.jpg




今日は、思いたって小河内ダムへ一走り。

あれー、枯れた大木に動くのもの。
b0311071_13384971.jpg


トビが交尾中だ、子孫を残すため・・・。
1時間たった帰り際にもまた人目もはばからず頑張り始めた。
b0311071_13385928.jpg



展望広場からダム下を見る。
b0311071_13391997.jpg


ダム下を背中を見せて飛ぶトビ。
b0311071_13393015.jpg



枯れ枝を運んで目の前を通過、どこかで巣作りが始まったようだ。
b0311071_13395439.jpg



散策道を少し歩いたところで道から何かが杉の枝に逃げ上がった。
クロジだ、本人は隠れているつもりのようだ。
b0311071_13400777.jpg


渓谷の風景、白い小さな花をつけた枝が張り出す。
b0311071_13401557.jpg


アップしたらチョウジザクラ、どこでもみらえるサクラではない。
b0311071_13402169.jpg


道脇の花に気が付く、トウゴクミツバツツジだ。
b0311071_13402830.jpg


日当たりのいい斜面で早くも黄色が鮮やかなヤマブキも。
b0311071_13403507.jpg

おわり



# by fumigera2014 | 2019-03-31 14:28 | 野鳥 | Comments(0)

2019年2月

2019年2月


上旬
何も予定がない日はいつものご近所丘陵散歩が良い。
少しなまった体には刺激が必要だ。
(写真はクリックで大きくなります。)


集落から丘陵の谷地に入るときれいに刈られた草地に黒っぽいかたまりが。
あっ動いた、なんだアップで見るとカヤクグリ!
市街地の近くでは珍しい、高山から冬になると下りてくるのだ、ラッキー。
b0311071_16324514.jpg
まずい、散歩の人が近寄って来た、やっぱり山へ逃げて行ってしまった。
しかししばらくじっと待っていると再び舞い降りる。



突然目の前に乱入者(鳥)が、ジョウビタキだ。
大きな声では言えないけれど、この冬何回も会っているので飽き気味。
b0311071_16325625.jpg



カヤクグリが振り向く、あれ!。
b0311071_16333451.jpg



なんと頬にダニが、可愛そうに。
自分で取るとか、仲間に頼むとかできないのだろうか。
b0311071_16334448.jpg


帰り道、毎年よく見られるところでシメに会う、ホッと一安心。
ジャマしないで帰るよーっと。
b0311071_16335226.jpg


4日後再び行くと同じ個体と思われるカヤクグリに。
ほっ、ダニがない、心なしか元気に見える。
b0311071_16340701.jpg



2月中旬

たまには爺さんは川へココロの洗濯にとヨタヨタぶらり。
冬の河川敷は虫もいなく明るい、日差しがあれば暖かい。
b0311071_16344304.jpg

さっそく、光る春にイカルが太陽を浴びて光る場面に。
自慢はなんてったって黄色の大きなクチバシ。
淡いグレーに黒の柄入りボディーもなかなか。
b0311071_16341628.jpg


川の中ではいつものキセキレイがせわしなく動きながら餌探し。
b0311071_16342331.jpg


草原に何羽か飛ぶホオジロ。
b0311071_16342842.jpg



頭上ではハシボソガラスに追いかけられてアタフタ逃げるトビ。
本当の力はどちらがあるか分かりませんが、良く見かける光景。
b0311071_16343441.jpg



川原にはやはりカワラヒワが多い、三羽(人)寄って何のおしゃべり?
b0311071_16343916.jpg



春が近くになって、仲良しペアが増えてきた。
アチコチでグアーガー鳴き交わすハシボソガラス。
b0311071_16345285.jpg


今日は特に用事無し、青梅の端の多摩川へ。
かなり遠いが久しぶりに約30羽のオシドリの大きな群れに遭遇。
人が近づけないこの辺が案しいなのだろう、
b0311071_16371062.jpg


新しく設置したのかどうかこんな標識を発見。
b0311071_16371463.jpg






今日は天気予報はかなり暖かいとか
いつものご近所丘陵散歩、薄いベストと薄いアウトドアジャケットで。
予報通り暑くなってきたのでベストを脱ぐ。

野鳥の姿はさっぱり、やっと斜面から飛び上がったカワラヒワをに会う
もう春の装い?色が鮮やかに・・
b0311071_21262748.jpg


手ごたえ無しジャケットも脱ぐ、張り合いなしで一休み茶、春だ、蝶も飛び出した。
たまに見かける蝶なので貴重な種ではなさそう。
後で調べたら「キチョウ」らしい、サムー?、寒く無い日なので許して・・・
b0311071_21270358.jpg


しばらくたってヒラッと何かがやって来た、あっ青いルリビタキ、
ラッキー、日陰では意外と目立たない青。
b0311071_19285397.jpg


向きで偏光瑠璃色が鮮やかに。
b0311071_21271485.jpg

周りをアチコチ移動、そして苔の切り株の上。
b0311071_21280595.jpg


薄曇りでも少し明るい場所に。
日が当たればもっと鮮やかな瑠璃色になるのだが・・高望みかな。
b0311071_19201394.jpg


帰り道、広場にピンクのサクラ、カワズザクラかな。
春が来た?、でももう少し冬鳥にいてほしい気もする。
b0311071_21294342.jpg




2月下旬

探鳥会で奥多摩へ、集落沿いの道、天気良し、おしゃべり良し、みんなでテクテク・・・

モミのてっぺんにとまってくれたヒガラ、
なかなかのヘアスタイル、みなさん真似してみたら。
b0311071_16540049.jpg


上空に大きなタカがどこからか飛び出した。
b0311071_16540947.jpg



広い翼で滑空。
b0311071_16542026.jpg



もう一羽が近づく。
b0311071_16560431.jpg


後を追う。
b0311071_16551675.jpg



最接近、1羽は尾羽が少し欠損している。
b0311071_16562278.jpg



ニホンザル、餌が乏しくなってきてハイキング道まで出てきたようだ。
もうすぐ春だよー、若葉が待ち遠しいね。
b0311071_16563310.jpg



ちょうどお腹がへって嬉しい昼休み、でも鳥を探しながらもぐもぐ。
b0311071_17005301.jpg


アトリの群れもあちこちで飛ぶ、こちらはなぜか1羽。
何かを言っている、もう囀りかな。
b0311071_16563986.jpg


民家の庭先でウトウト?、
暖かくなってきたしそうそろ高山に帰ろかなと思案中か。
b0311071_16564910.jpg





今日は家を空けられずベランダウォッチング

数日前に気が付いたハシブトガラスの枯れ枝集め、
どうやら近所で巣作り開始?、春開始・・・
b0311071_20361234.jpg



久しぶりにマガモ3、♂だけ3羽。
b0311071_20361804.jpg



雁首ならぬ、青首並べて食糧さがし、心はすでに北国か・・・
b0311071_20362634.jpg



おわり




# by fumigera2014 | 2019-02-28 20:43 | 野鳥 | Comments(0)

2019年1月



2019年1月


あけましておめでとうございます。

(写真はクリックで大きくなります。)


今年の計画はあるようでない、毎年のことだが。
もう少し品質を良くしたいのだが、はたして・・



元旦はお雑煮を食べて近くの神社に初もうで、少しは正月気分を。

b0311071_17032511.jpg

腹減らしに多摩川沿いの公園へ、川の浅瀬に茶色の塊、ゴミ?、
と思ったらトビのお浄め水浴びか。
b0311071_17033618.jpg

歩行者用橋から川の風景、見慣れているが都心から来た人は感動する。
慣れていてもやっぱり落ち着く良い風景。
b0311071_17034286.jpg


二日はさっそく探鳥散歩ご近所丘陵へ初もうで。
小高い展望広場から都心方面を500mmで。
b0311071_17035118.jpg


その近く、いつも境内から探鳥でお世話になっているので、
おさい銭を投げ入れ今年の幸運を祈願。
b0311071_17035713.jpg


今日はダメかと帰りかけ、立派なシジュウカラおじさんがこちらに「おめでとう」。
b0311071_17040540.jpg



もみの木の葉にとまって自信のポーズ。
b0311071_17041126.jpg


お!、藪から顔を出しての挨拶はルリビタキ。
さっそくのゴリヤク。
b0311071_17042059.jpg


メインストリートの杭にとまっておすまし。
b0311071_17042807.jpg


と、おもったら、素早く道端から獲物を獲って来た。
生きの良いミミズで調理に少し手間取るが。
b0311071_17043309.jpg


しっかり飲み込み、満足顔。
b0311071_17044191.jpg




山と違う鳥に会おうと今日は多摩川河川敷へ。

頭の上を通過したオオタカ。
b0311071_17044692.jpg


シメ、強面というのは偏見です、
頼りになりそうな近所のおじさん的だと思うんですが・・
b0311071_19225304.jpg

猛禽の接近でか、じっとこのポーズで動かず。
b0311071_19225858.jpg


その後のノスリ、青空に白い翼が映える。
b0311071_19230674.jpg


ベランダ前にカワラヒワ、
今年はおかしいケヤキの葉がたくさん残っている。
台風のせいと思われる、新芽が出るのに支障はないだろうか。
b0311071_19232820.jpg

おかげで実が残っている、それを食べにくるのだ。
干からびた実に栄養はあるのだろうか。
b0311071_19233758.jpg


写真展があったので昭和記念公園へ。

ご近所ではカモ類はほとんど見られないが、
ここには沢山いる。
b0311071_19234949.jpg

ホシハジロにハシビロガモ。
b0311071_19235476.jpg


ハジロカイツブリ、これはちょっと少ない種。
b0311071_19235832.jpg

カモのいる水辺風景。
b0311071_19240450.jpg



1月下旬

奥多摩むかし道探鳥会に参加。


ニホンカモシカとご対面、
人間には到底歩けない急斜面を難なく下って去っていく。
b0311071_17001235.jpg



カヤの外じゃないカヤクグリ、
落石防御ネットの中、鉄のカヤで猛禽襲撃心配なしで餌取り。
b0311071_17001764.jpg



月末ご近所青梅丘陵散歩。
今日は曇りでパッとしない天気、軽く昼前出かけた。


斜め後ろから前方の倒木に飛んで来たのは・・・
b0311071_22440774.jpg


シロハラだ、毎年見かけるところで今年やっと会えた。
b0311071_22452039.jpg

尾根に上がるとヒガラなどが、アレ!ゴジュウカラ?、変な飛び方、腹が白い。
「シロハラゴジュウカラ」とMLに投稿、仲間に直された。
尾無しリュウキュウサンショウクイとか、そういえば先月見たばかりなのに・・・
イッショウクイが残る単純ボケ、とほほ・・
b0311071_22452112.jpg



帰り道、イキイキ闊歩のビンズイに。
b0311071_22452149.jpg


ご馳走はないかなーと丁寧に歩き回る、自慢のシマシマがイイ。
b0311071_22452169.jpg


______2013年以前のページはこちら______


# by fumigera2014 | 2019-01-31 23:11 | 野鳥 | Comments(0)