青梅から花鳥風景

fumigerais.exblog.jp

ご近所などちょっと出かけて野鳥や自然の風景を気楽に撮ってみた。

ブログトップ

2016年1月




2016年が始まった。特にめでたくも感じないが、暖かいのは楽だ。
最近はシンプルに過ごす。普段贅沢(?)をしているからおせちは好きなものだけ少し。
一応、朝からお酒や雑煮をいただいて言うことなし、青梅では「これでイイのだ!」。

--------- 2013年以前のページはこちら ---------
(写真はクリックすると大きくなります。)




正月4日

b0311071_23041374.jpg

朝食中、ツグミの群れ20羽くらいがベランダ前にやって来た。
窓を開けたらほどんど逃げたが7羽は私に付き合ってくれた。


b0311071_23040229.jpg

この冬はあまりにも暖かいので「シベリアに帰ろうかな」などど考え中か。
まさか、そうか人間にはカレンダーなどという行動を縛るものがあるが、野鳥たちにはにはそんな厄介のものはない。
と言うことは、彼らの感覚では今が“初冬”なのだ、北から集団で渡って来たところなのだ。
これで合点がいく。





1月中旬。
カメラを抱えてのんびり昼間飯前ご近所散歩。


b0311071_23205831.jpg
暖かい日差しに輝く、ユズ、ヘクソカズラ、サザンカ。



b0311071_23182930.jpg
民家の裏で静かにススキの実を食べているホオジロに出会う。
見えないくらい小さな実でおなかを満たすには大変そう。
突いて飛んだ穂が風にフワフワ揺られて。



b0311071_00015363.jpg
私に気が付いて距離を測っている。
邪魔をするなと、怒っているのだろう、たぶん。




b0311071_23191947.jpg
この時期の裏山は静か、落ち葉の積もった道を歩くのはとても気持ちいい。
出会った人は2人だけ、一人は散歩オジサン。
もう一人はマウンテンバイクのお兄さん、「すみません」と言いながら下りてきた。



b0311071_00022375.jpg
飛んだもんだシジュウカラ、この時期カラ類はよく群れる。
みんなで餌さがし、みんなで天敵警戒すれば安全性も高くなるのだ。
我々も分け隔てなく助け合って生きよう、イマジン♪・・。



今日は約10Cm雪が積もったが朝には止んだ。

b0311071_23141038.jpg
ベランダ前を見たらカラスウリの赤が目立つ。
雪の反射か鮮やかに。



b0311071_23143098.jpg
翌日に飛んできたのはいつものアオゲラ、朝日で目が光る。
何もしないでじっとして、間もなくどこかへ。





1月下旬

古い鳥好き友を訪ねてちょっと遠出、車で地元を案内してもらった。
相変わらず話好き、行く先々でいろんな人と立ち話。
ウォッチングは二の次、ベテランなのでジタバタしてない。

b0311071_18483909.jpg
土手の脇の林にオオタカ成鳥、枝が邪魔だがきれいな♂。


b0311071_18490660.jpg
頭の上を旋回してこちらをじっくり観察してからどこかへ。


b0311071_18504234.jpg
お昼になった、ベンチで食べようとしたらジョウビタキの先客が。


b0311071_19214239.jpg
近くにブッシュがないときは”大樹”に避難するようだ。



b0311071_18494321.jpg
ポットのお茶を飲んで歩き出すと、近くの木にベニマシコ発見。
残り少ない木の実を夢中で食べていた。

b0311071_18500707.jpg
ラッキー、一人占め撮りだ。
しかし間もなく気が付くと6人くらいが撮影者が集まって来た。
幸いお腹がすいているようでゆっくりしている。
地元の人に訊いたら食べているのはハルニレの実とのこと。



b0311071_18515035.jpg
こちらは♂のベニマシコ、セイタカアワダチソウの実を食べている。
もう少しいい角度で撮りたかったが、初心者が近づき過ぎたので逃げてしまった。
私も最初の頃は加減が分からなかったので仕方ないか。



[PR]
by fumigera2014 | 2016-01-18 23:21 | 野鳥 | Comments(0)