青梅から花鳥風景

fumigerais.exblog.jp

ご近所などちょっと出かけて野鳥や自然の風景を気楽に撮ってみた。

ブログトップ

2016年3・4月



--------- 2013年以前のページはこちら ---------

(写真はクリックで大きくなります。)



3月中旬
ご近所散歩で春が来たを楽しむ。

b0311071_16494199.jpg
民家の庭のスズメしっかりペアになった2組、よく見るとオスが警戒してメスを守っている。
平和ないつもの春の風景。




b0311071_16513664.jpg
空き地がオオイヌノフグリやヒメオドリコソウでにぎやかになってきた。
もう春が来たと毎年感じることができる。



b0311071_16475833.jpg
ツグミはそろそろ北に帰ることを考え始めているようだ。
緑の草地にもなんとなく合って来た。



b0311071_16523613.jpg
早くも咲き出したカタクリがあった、ほとんどはこれから。
どんな世界でも気の早いのがあるようだ。


b0311071_16532687.jpg
こちらも気の早いアズマイチゲ。
空き地の工事が始まって昨年のように一面に咲くところは見られそうもない。


b0311071_16545501.jpg
多摩川にかかる橋で川を見ていたら、目の前をダイサギが横切る。
繁殖期はブルーのアイシャドウになるがこのサギは未だ少な目。



b0311071_16545418.jpg
川沿いの柳の花の周りでヒヨドリがヒラヒラ何回も飛んでいる。
何をしているのかなとみると飛んでいる小さな虫をフライングキャッチしている。



3月下旬
奥多摩むかし道で。

b0311071_19172396.jpg
スタート地点の岩山、わずかに芽吹きが始まった。



b0311071_19184822.jpg
岩場に溜まったわずかな土にタチツボスミレが、
清々しくたくまししい美。



b0311071_19191700.jpg
住民の噂話をガヤガヤしていたら、何だか外が騒がしいなー、
とチラッと顔を出した。



b0311071_19195951.jpg
昼間はめったに見られないムササビです。
みんなもベテランバーダーも久しぶりだそうで大喜び。



b0311071_19203987.jpg
○○ザクラ、去年も見たのに名前が思い出せないボケが進行。
誰も知らず、後で調べそうそう「チョウジザクラ」でした。




b0311071_19204591.jpg
渓谷の急流にオシドリの夫婦、
名前と違い毎年お相手が変わるのだそうだ。
ツルは一生、オシドリは1年。





4月上旬御岳山BWで。

この時期のロックガーデンではミソサザイが声高らかにさえずる。
毎回のようにその姿を見ることができる貴重な場所だ。
ハイキング道では何種もの可憐なスミレや珍しい花も。

b0311071_19302645.jpg
ランチタイムはおにぎり、すぐ目の前の流れの脇でひっそりと、
ちょこっと動画は、ここをクリック。




ベランダがにぎわってきた。

b0311071_21102969.jpg
そろそろ北に帰るシメ、夏羽に変わりつつある。

b0311071_21102993.jpg


b0311071_21103028.jpg
夕方集まってくるツグミ、北に帰る情報交換かな?
15分くらいの短時間滞在後でどこかへ。

b0311071_21475638.jpg


b0311071_21103002.jpg
アマツバメ数羽がビューンビユーンと頭上を飛ぶ。




4月中旬
用事のついで道草、鬼怒川カメラぶらり。
ウィークデーとあって川沿いの遊歩道は人は少ない。
アジア系の外国人の観光客が多くなったようだ。

b0311071_16565441.jpg
山は芽吹き。爽やかな花が、夏鳥はまだ見かけない。

b0311071_16574591.jpg
ミツバツツジとヤマツツジのつぼみ。


b0311071_16574573.jpg
芽吹きの枝先に小鳥の群れが飛び交う。
日差しが強く双眼鏡でも小さくよく見えない。


b0311071_16580715.jpg
とにかく撮ってアップしてみたらヒガラだった。
鳴き声でもだいたいは分かるが何度聞いても紛らわしい。


b0311071_16574513.jpg
湧き水の小さな湿原に一株だけ咲いていたクリンソウ。




4月下旬
奥多摩駅周辺での探鳥会、都心では小雨が降っていたらしく参加者は少ない。
私が調べた天気予報のレーダーでは降らないとのことで出発。
少し降ったりしたが、渡ってきたばかりの夏鳥たちのさえずりがあちこちで聞こえる。


b0311071_19421010.jpg
薄暗い道の脇にマルバスミレがしっとりと。

山を下り多摩川にかかる橋の上から渓谷を見渡す、オオルリがどこかで囀っている。
b0311071_19445293.jpg
チラッと向かいの枝にとまるのが見えた。
みんなに「少し待っていればきっとまた見えるところに来るよ。」
何分待っただったろうか、突然ひらりと飛んで来た~、願い以上に近いところにとまった。
「来たよー!」と叫んでみんなに知らせる。


b0311071_19452110.jpg
瑠璃色に輝くオオルリが目の前に、ラッキーにみんな大興奮。
この世のものとは思えない美しさ、こんな幸運は一生に二度とないかも。

b0311071_13282592.jpg
b0311071_19454892.jpg
奥多摩の渓谷にはオオルリ(ブルーアンドホワイトフライキャッチャー)天国だ。
しっかりと目に焼き付けた、目を洗わないでおこう。











[PR]
by fumigera2014 | 2016-04-06 19:42 | 野鳥 | Comments(0)