青梅から花鳥風景

fumigerais.exblog.jp

ご近所などちょっと出かけて野鳥や自然の風景を気楽に撮ってみた。

ブログトップ

2016年6月


---------
 2013年以前のページはこちら ---------

写真はクリックで大きくなります。



この季節、巣立った幼鳥たちがたくさん見られる。
あいまいな色と柄で誰なのかバーダーたちを悩ませる。


6月上旬、ご近所。

b0311071_21233323.jpg

見ーつけた、やっぱりいた噂のサンコウチョウ。
尾の短いメス。

b0311071_21242671.jpg

ちょっと近くに来てくれた、独特のブルーの目。
名前の通り、月日、ホイホイホイと口笛のように聞こえる。
これで尾の長ーいオスだということないんだが。

b0311071_21245166.jpg

体に比べて大きな口、なるほど。
これで飛んでる虫をパクリとやるんだ、よくできている。
とりあえずご近所であえてラッキー!

その鳴き声動画はこちら♪
(前座はオオルリ、ヤブサメの声も同時に聞えます。)





6月中旬、大雨の日。

b0311071_19205800.jpg

ベランダ前のケヤキの大枝の下に避難したスズメの親子。
ずぶぬれになった体で何を話しているのだろうか。
この子は生まれて2・3週間だそうだ。
初めての体験におびえているようにも見える。



6月下旬、ベランダ前。

b0311071_21411336.jpg


昼食後何気なく外を見てたらエナガの群れが、とりあえずとパチリ。
拡大して驚いた、コサメビタキが1羽まぎれていた。

b0311071_21434516.jpg


間違いなし、ベランダ前では初記録!。
きっと寂しいのでエナガの群れと一緒に移動してたら、
こんな開けたところに来てしまったというところか。



こちらは曇りの朝、かわいい声で外がにぎやか。
b0311071_21453405.jpg

カワラヒワ一家、月に一度のお出かけか。
みんな揃ってケヤキレストランでお食事。


b0311071_21461151.jpg
幼鳥はやっぱりあどけない顔が残っている。
元気に冬を乗り越えてまた来てね。



b0311071_20573165.jpg
橋の上から多摩川を見ると子供たちが深みに元気に飛び込んでいる。
懐かしい風景、自分も大昔そうだった。





[PR]
by fumigera2014 | 2016-07-27 22:26 | 野鳥 | Comments(0)