青梅から花鳥風景

fumigerais.exblog.jp

ご近所などちょっと出かけて野鳥や自然の風景を気楽に撮ってみた。

ブログトップ

2017年1月



_____ 2013年以前のページはこちら ______

写真はクリックで大きくなります。




2017年が始まった。

正月2日さっそくご近所の丘陵へ、
正月にはいつもの富士山が必要だ。

b0311071_18210683.jpg


いつもお世話になっている神社、お賽銭を去年より奮発?、
“何も願わず”まで人間ができてない、「ちょっとだけ幸運を」。
b0311071_18355443.jpg



少し歩いてヒノキの森へ、ここではあまり会えないキクイタダキだ。
ちょこまか素早く動き回るので撮るのは大変、何とかここまで。

b0311071_18204290.jpg




一緒にいたこちらヒガラも同じ、ちょこまからしさを撮れた。
それなりにお参りが効いたのか、少しの幸運で今年も始まった。

b0311071_18213216.jpg



1月上旬。
いつもの丘陵へ行くと、コツコツコツ、どこからか初仕事のキツツキの音。
どこだー、ココココと音で教えてくれているのに。
比較的近い生木の裏からアオゲラの顔が・・。

b0311071_18364041.jpg

生木に穴をあけられるのは俺たちだけだ!と、得意顔。
b0311071_18371859.jpg



人気のルリビタキにも会えた、日陰でちょっと寒そう。
b0311071_18380828.jpg



人家に近い斜面で餌さがし中のお馴染みのジョウビタキ♂。
b0311071_18384952.jpg



鉄道公園の裏道、鉄柵近くの中にモズ、鉄柵越しなのであまり警戒してない。
鉄柵内は人が近づけないので安全と知っているのだろうか。
そうだとしたらスゴイ。
b0311071_18391686.jpg


冬のサクラの木にジョウビタキ♀、少しの花でも華がある。
女性にはやっぱり花がイイ。
b0311071_18411272.jpg




1月上旬、御岳山探鳥会解散後。


きつい急な階段を登り切り、毎年恒例のお参り、何も願わず。
少し降りたところで「ウソの声・・」誰かが、すっかり遠くなった耳を澄ますと確かに。
みんなよりやや遅れて見つける、メスの群れ、赤いオスは見当たらず。
お参りのおかげかラッキー、しかし、このタイミングで雪も急に本降りに。
b0311071_19361415.jpg



だいぶその場から飛んで行ってしまったが残っていてくれた数羽。
b0311071_19394672.jpg





1週間後の御岳山


登ってきてビックリ、先週の雪がこんなに降ってこんなに残雪が。
神社までの参道や車道は除雪され問題なかったが・・。
b0311071_15312877.jpg



鳥影はない、雪で下界に降りてしまったのだろうか。
そんな中、斜面で雪のないところを覗きこんでいるのは・・。
b0311071_15315708.jpg

何か餌を見つけたかな。
b0311071_15322145.jpg


あったのかどうか、顔を見せたカシラダカ。
b0311071_15323822.jpg


雪のない木の根元を重点的に餌さがし中。
b0311071_15325603.jpg




上の方でギャーと声が、見上げるとこちらカケスも高木で餌さがし中。
b0311071_15331857.jpg



山道に入ると除雪なし、踏み固まったところはつるっと滑る。
甘かった、軽アイゼンを持ってこなかった、休憩所のテーブルも雪をかぶっている。
それでもハイカーがチラホラ、マイナス3度Cで風が吹くとじっとしていられない寒さ。
b0311071_15334498.jpg


時々日が差すと美しい雪の斜面。
そんな中、カラ類の混群がにぎやかに通り過ていった。
b0311071_16220294.jpg



一息ついたころ突然ひらっと何かが目の前のコナラに飛んできた。
樹に同化して天敵に見つけられないような保護色の小さな鳥。
b0311071_15352123.jpg



ラッキー、幹を下から上へせわしなく走る、この行動はキバシリだ。
b0311071_16345646.jpg


嘴はカーブした爪楊枝のようになっている。
b0311071_15360441.jpg


通年いる鳥だがめったに会えない、しかもこんな目の前に。
隙間に潜んでいる小さな虫を探している。
b0311071_16524313.jpg


長い時間のように感じたが、この間あっという間の約10秒。
間もなく遠くへ飛んでいった。
b0311071_15340945.jpg



キバシリが去って、季節外れに咲いていたツツジが目に留まる。
さすがの寒さに凍えているようだ。
b0311071_16235134.jpg



神社近くまで登って見た松と山の風景。
b0311071_16250891.jpg

そろそろ帰る時間かなとケーブル駅近くへ。
斜面を見てみるとたくさんの鳥たちが雪がまだらに残る地面に。
カシラダカ40羽とホオジロ10羽くらいの群れが。
b0311071_16092640.jpg


餌を探すのに懸命の中、木に上がったカシラダカ。
鉄さび色がイイ。
b0311071_16094795.jpg


ホオジロも日差しの中、落ちた草の実などを探している。
b0311071_16100878.jpg


最後に回った山際では、イカルがカラスザンショウの実をついばんでいる。
b0311071_16103848.jpg



帰り道に目立ったサルノコシカケ、大木に似合う。
b0311071_16112356.jpg


ケーブルで降りる前に、遠くの山を眺める。
高い山は雪降っているようだ。
b0311071_16105478.jpg




1月下旬、ちょっと足を延ばして鳩ノ巣へ。

地面のツグミと違ってなぜかカッコいい。
珍しくはない鳥だが胸の模様は個体差もあって独特。
機会があったら見比べて。
b0311071_16395989.jpg


何かが懐かしい感じの駅舎側面。
b0311071_16401594.jpg




1月下旬、町内散歩

下奥多摩橋から大岳山方面、山に雪があるのが見える。
b0311071_21193944.jpg



民家の裏、山際の空き地のブロック土止めにビンズイが数羽。
草地から飛び上がった。
b0311071_21202571.jpg


同時に出ていたのは今年多いルリビタキ、どっちを先に撮ろうか迷う。
こちらの方が警戒心が少ない、跳ねたり歩いたりしながら餌さがし。
b0311071_21205850.jpg


時々立ち止まってこちらを気にするが、
あまり興味がないように動かずにいると近寄ってくる時もある。
b0311071_21211645.jpg


少し移動して別な空き地にカワラヒワが。
日陰にしても少し黒っぽい感じがする。
b0311071_21213671.jpg




1月末、奥多摩で仲間とともに山道を歩く。

出たー!、比較的近くに貴重なタカが。
みんな歓声をあげる。
b0311071_11213325.jpg


大きく広い翼に冬の日が当たる。
b0311071_11215283.jpg


図鑑によると翼長140~165cmもある。
大型で顔も山の猛禽らしく勇ましい。
こんな近くで見たのは初めてだ、悠然と飛ぶその姿に大感動。
b0311071_12043628.jpg



山みちの脇、ヒガラが杉の実を食べている。
b0311071_11230841.jpg



ちっちゃく(12.5cm)て渋かわいい。
b0311071_12063523.jpg


冬鳥として身近なジョウビタキも木の実を食べている。
b0311071_11240576.jpg

遠くの木に貴重なタカがとまってます。
どこだかわかりますね。
b0311071_18170720.jpg


タカらしく高かーく飛ぶ。
b0311071_11252566.jpg


1月はたくさんの野鳥と仲間に出会いました、感動の連続。
最後までご覧いただきありがとうございました。

(1月おわり)







[PR]
by fumigera2014 | 2017-01-18 19:29 | 野鳥 | Comments(0)