青梅から花鳥風景

fumigerais.exblog.jp

ご近所などちょっと出かけて野鳥や自然の風景を気楽に撮ってみた。

ブログトップ

2017年4月

_____ 2013年以前のページはこちら ______

写真はクリックで大きくなります。


4月下旬

若葉が本格的になって来た。
ベランダ前ではメジロが得意の逆立ち餌さがし。

b0311071_19184992.jpg


こちらも負けじとシジュウカラ。
b0311071_19185323.jpg




青梅丘陵では夏鳥があちこちに。

白いお腹も中々キレイ、シンプルさが魅力的。
コナラの多い林でコサメビタキ。
b0311071_19185961.jpg




休憩所のマルバアオダモの花。
このフワフワ感どうでしょうか。
b0311071_19190208.jpg


ハイキング道でよく囀っているキビタキ。
この辺の散歩の人にもお馴染みで今日はどうですかなどとよく訊かれる、さすが青梅市民。
b0311071_19190823.jpg


キビタキの♀、地味で見つけられないのか、見えるところに出てこないのか。
見かけることは少ない。
b0311071_19191606.jpg



ツツジの散歩道、そよ風も吹きなお気持ちイイ。
b0311071_19192005.jpg





4月下旬、探鳥会に参加


おおぜいの参加者とともに奥多摩駅近くの川沿いを歩く。
オオルリの鳴き声が聞こえてきた、対岸にチラリと動くのが確認できる程度。
しかしその後が大ラッキー、橋を渡る途中で目の前にとまっていた。
正に瑠璃色に輝くそのお姿、みんな釘づけ、ゆっくり堪能。

b0311071_19070890.jpg


幸せの青い鳥のさえずり。
b0311071_19071203.jpg


白いお腹とブルー背のコントラストお見事配色。
おおぜいの参加の探鳥会でこんな近くでゆっくり見られることはめったにない。
初心参加者はこれからバードウォチングに夢中になるかも。
b0311071_19072081.jpg


帰りに寄り道、鳩ノ巣渓谷でカワガラスの幼鳥に出会う。
まだ巣立ったばかりか、遠くには飛ばず不安そうにしている。
b0311071_19073046.jpg






4月中旬。

バーダーとしてはあり得ない遅い時間の午後3時からの青梅丘陵へ。
ダメ元で夏鳥を期待して歩く。


何の声も聞こえない、やっぱりだめかとダレ歩き中、
やや左目前に黄色く小さなものがチラッ。
ラッキー、向こうから目の前に来てくれた。
これも今季初めての出会い、相変わらずみごとな黄色。
b0311071_19050727.jpg


やや逆光だが近いので羽の細部も見える。
b0311071_19051434.jpg


こちらを注視、不審者かどうかの警戒か。
b0311071_19052115.jpg

黄色で染まった目を洗うような白い桜、爽やかです。
b0311071_19053024.jpg


帰り際、頭上にコサメビタキ、ほぼ満足、足もも軽くなる。
b0311071_19053565.jpg






4月中旬

今日は30度になるとの予報、思い立って多摩川沿いの茶店にそばを食べにひとっ走り。
川方向に下るヤマブキの坂。
b0311071_19030743.jpg


途中でアオジに会う、そろそろ高原に旅立ってしまう季節。
b0311071_19031320.jpg

橋から川辺を見るとキセキレイ。
どうやらこの斜面で巣作りが始まったようだ。
b0311071_20580644.jpg


茶店から多摩川眺め。
b0311071_19032297.jpg


そばをジュルズル食べていると、ジュルジェーと鳴きながら目の前にエナガ。
虫をくわえている、巣作りが速い種なので雛にもう餌やりが始まったようだ。
b0311071_19032856.jpg


桜の見ごろもおわりかけ、山は芽吹き色に。
b0311071_19033462.jpg

遊歩道脇のニリンソウ。
b0311071_19033907.jpg



だいぶ日が長くなってきた季節、夕日のベランダも面白い。
傾いた日光でエナガが輝く。
b0311071_19021671.jpg

4月中旬

そろそろ夏鳥たちがやってくる。
人気のオオルリも渡ってくるころと近所の丘陵へ。

やっぱりまだ来てないかと諦めかけたとき、高い枝で小さく動くものが・・・
来た~、今季初めて会うそのお姿、仲間に先駆けて記録撮影。
b0311071_11313227.jpg

どうにも手前の枝越しとなってしまったが・・・
b0311071_11313049.jpg






4月上旬ベランダから

春を感じることはいろんなもので。
バーダーは野鳥の変化で季節を感じる。


大きなアオサギは一年中見ることができる留鳥。
春になってアオサギというよりキレイな“白黒サギ”になっている。
b0311071_11310272.jpg

見下ろした石の上で羽繕い?
b0311071_11310273.jpg



小雨模様の日はアマツバメがよく飛び交う、長い鎌形の翼がカッコいい。
ビュンビュンと猛スピードで滑空。
b0311071_11310276.jpg


冬鳥のシメも北への旅の途中立ち寄ってくれた。
くちばしが渋い鉛色に変わった。
b0311071_11310399.jpg



オシドリの夫婦、気のせいかもしれないがメスの方がリードしているよう。
元気もよい、これから子育ての大事な時期に。
b0311071_11313113.jpg


エナガのエ(尾)が曲がってる。
これはもうすでに巣作りが始まっている証拠。
b0311071_11313175.jpg

木の枝の股などにお椀型の巣を作る、長い尾が入りきらず曲がってしまう。
寝ぐせじゃないので何グセといったらいいのでしょうか。
b0311071_11313132.jpg



ハシボソガラスの羽も「烏の濡れ羽色」、よく見るときれいですよ。
b0311071_11313119.jpg

[PR]
by fumigera2014 | 2017-04-29 20:49 | 野鳥 | Comments(0)