青梅から花鳥風景

fumigerais.exblog.jp

ご近所などちょっと出かけて野鳥や自然の風景を気楽に撮ってみた。

ブログトップ

2017年9月



 ______2013年以前のページはこちら______


写真はクリックで大きくなります。


9月上旬

天候不順が続いたがやっと普通に戻った感じ。

1時間くらいちょっとご近所の丘陵散歩。
ミズキの実、もう少しで完熟しそう。
野鳥たちの好物なのでよく見ないといいシーンを見逃す。

b0311071_18430285.jpg


野鳥たちのに会えない、この時期はこんなものか。
暑い日は水とおやつが欠かせません。
展望台でしばらく休み少し待つ、空を見上げるとやっと猛禽が出た。
b0311071_18430692.jpg




オオタカの若鳥のようです、悠然と天高く飛ぶ。

b0311071_18465811.jpg





9月中旬

再びご近所丘陵へ出会いを期待して。

ホウの実、実ってはじけると野鳥の餌にもなるらしい。
まだそんなシーンは見たことないが・・・

b0311071_18431594.jpg




出そうなところでしばらく待つ。
来た!、エゾビタキ南の国へ渡る途中ここに立ち寄ったのだ。
ダンディなストライプのスーツ姿が魅力です。

b0311071_18433635.jpg

そして、またヒラリの何かが。
オスに比べると地味なキビタキの♀です。
ほかの野鳥の♀と似ているので識別が難しい。
b0311071_18434571.jpg


こちらはその後ろ姿。
b0311071_18435199.jpg


駐車場近くに戻るとハクウンボク並木に数羽のヤマガラ。
豊作の実をしっかりとつかんで頻繁に森と往復。
b0311071_18440982.jpg


実をくわえて割っているようなヤマガラ。
自分で食べるのか。運びやすいように加工しているのかわかりませんが。
b0311071_18435948.jpg


滞在時間は2秒くらい、冬のための備蓄のようです。
b0311071_18440390.jpg





9月下旬、青梅市梅の公園

毎年このシーズンの恒例になった、サシバの渡り観察会に参加。

草刈り中で少しうるさいが、高い空を南にわたる鳥たちには関係しないようです。

b0311071_16070910.jpg



秋が来るとよく聞こえるモズの声、せっかくなので撮らせてもらった。
b0311071_16071526.jpg


ハチクマ、この季節にサシバのように南の国へ渡る。
蜂の巣を襲って食べるのでこの名、♂の成鳥。
羽が傷んでるように見えますが、順番にに冠羽中なので正常なのだそうです。
b0311071_16080934.jpg



こちらは暗色型♀の幼鳥だそうです。
冠羽してないので翼がきれいに揃ってる。
b0311071_16081663.jpg


蛾の幼鳥が植えたばかりの梅の幼木で葉っぱを食べていた。
透けるような緑色がきれい、なかなかの人気です。
b0311071_16082530.jpg


帰り道の彼岸花、お彼岸だー、ご先祖に感謝しなくちゃと思いつつ。
ごめんなさい、サシバ渡り観察優先で。
b0311071_16083110.jpg



サシバが一気南に向かって飛ぶ。
b0311071_16085333.jpg





御岳山へ何かを期待して。

渡りの途中のコサメビタキが静かに立っていた目の前に来てくれた。
いつのも可愛い姿で。
b0311071_16090344.jpg




サシバは1羽だけ、一気に通過してしまった。
もう少し低く飛んでほしかった。
b0311071_16091245.jpg



この辺でよく見かけるカケス、ブルーとくすんだオレンジがきれい。
カラスの仲間なので鳴き声はギャーギャー濁声です。
b0311071_16091937.jpg



ヤマハギの花。
真冬にはこの種を食べにあこがれの赤い鳥もやってくることも。
よほど運がよくないと見れないシーンですが。
b0311071_16092610.jpg



ブナのドングリ、実は細い栗のよう。
熊の貴重な食べ物でもある。
b0311071_16093006.jpg



9月末、ふたたび梅の公園へ。

今日はサシバがたくさん飛び、その迫力にみんな感動。
南の方へぐんぐん渡って行く。
多いときは100羽以上の群れも、(拡大して見て、何羽かな。)
b0311071_16040941.jpg



お茶とおにぎりの昼休み、近くの小さな森の散歩で。
ヒラリと舞い落ちるような飛び方、ヒタキ類か。
いました、オオルリの♀、そして瑠璃色が輝く♂も。
どうやら今年生まれの幼鳥のようです。
b0311071_16041836.jpg


撮ったときは分からなかったが、黒い実をくわえていた。
後日、タカノツメという樹木の実と教った。
(ぜひ拡大、一部鮮やかな瑠璃色を。)
b0311071_16042650.jpg



体力つけて南の国へ渡る準備はOKかな、
来年は背中全身ブルーになって無事帰ってきてね。
b0311071_16043477.jpg



サシバが頭上に、もう少し低く飛んでほしかった。
大変だろうが南の国へ行ってらっしゃい。
来年もよろしく。
b0311071_16044451.jpg


帰り道のコスモス、もう秋になったか。
これからは北の国からやってる冬鳥が楽しみだ。
b0311071_16045000.jpg

9月おわり。





[PR]
by fumigera2014 | 2017-09-22 19:19 | 野鳥 | Comments(0)