青梅から花鳥風景

fumigerais.exblog.jp

ご近所などちょっと出かけて野鳥や自然の風景を気楽に撮ってみた。

ブログトップ

2018年2月


2018年2月

真冬の寒さ続いているが、冬鳥はたくさん見られる季節。
バーダーは楽しく忙しい毎日だ。
(写真はクリックで拡大できます。)


1月上旬、御岳山探鳥会、御岳ビジターセンターで休憩。

軒下の雪がないところで餌さがし中のカヤクグリが。
渋いチョコレート色、好きな人も多い。
b0311071_16082790.jpg


1週間ほど前に雪が降って、山の斜面は雪に覆われている。
参道わきの下の方に黒く動く動物が、ニホンカモシカだ。
ひもじいのか熊のように前足で枝を引き寄せ杉?の葉を食べていた。
b0311071_16083525.jpg



ベランダから見える多摩川岸の岩にジョウビタキが止まっている。
カワセミのように川面を見ている、まさか小魚を狙っているのか。
その後空中に何度も飛び上がりまた岩に戻る。
見えないがどうやら小さな虫をフライングキャッチしていたのだ。
b0311071_16084411.jpg



2月中旬。
ご近所、釜の淵公園あたりを散歩



鮎美橋の上からカワセミ、日差しを浴びて正に翡翠色に輝く。
b0311071_16085576.jpg


かんぽの宿に泊まった観光客か、カワセミを気にも留めず。
優雅に散歩している。
b0311071_16090161.jpg



旧宮崎家のひな飾り。
b0311071_16090808.jpg


川で餌さがし中のセグロセキレイ。
b0311071_16091470.jpg



旧宮崎家の庭でのんびり餌を探すシジュウカラ。
b0311071_16091956.jpg



小さな森のベンチでおにぎりを食べていると、近くのコナラの幹にシジュウカラが。
ゴジュウカラのような動きで餌さがし。
b0311071_16092432.jpg





冬鳥に会いたくて御岳山へ、相変わらず今年は鳥が少ない。

そんな中、色鮮やかなルリビタキのオスが出てきてくれた。
b0311071_16092815.jpg



逆光で残念だが、瑠璃色が輝く、キレイだ。
b0311071_16093610.jpg



近くでカケスにもあった、カラス科ではあるがなかなかの伊達姿。
カラスと違って上品な足だと思いますが、いかがでしょうか。
b0311071_16094217.jpg



飛んだカケス、光るブルーの羽が自慢?
b0311071_16094787.jpg



2月下旬。
ご近所散歩、青梅丘陵へ。


霞川でいつも会えるキセキレイ、一人だったので警戒心は少ない。
川底を覗いて餌を探す。
b0311071_16095326.jpg


ハイキングコースの休憩所で何かが出るのをしばらく待つ。
出たー!、期待していたマヒワの群れ飛行。
b0311071_16095937.jpg


黄色い波が右に左に打って、みごとな集団飛行。
近くのケヤキに一斉にとまった。
b0311071_17012325.jpg



画面に収まり切れない数、約130~150羽はいる。
b0311071_17052077.jpg




ハイキングコース脇にひょこんと出てきた可愛いルリビタキをパチリ。
b0311071_16102973.jpg



階段を下りてマヒワがいるあたりに行く、みんなで杉の実を食べている。
b0311071_16103547.jpg


シジュウカラの群れに紛れいたマヒワ。
仲間とはぐれてしまったのだろうか。
b0311071_16104855.jpg

たぶんのんびり屋さんなのだろう、親近感がわく。
猛禽も近くにいるから気を付けて・・・
b0311071_16105252.jpg


そろそろ帰ろう、ハイキングコースを下る。
カラ類の小さい混群にあう、いつも気楽に付き合ってくれる。
樹を登りながら餌さがし動きはとてもかわいい。
b0311071_16105932.jpg



その群れにゴジュウカラも、主に山にいるのでこの辺では珍しい方だ。
冬場だけ山を下りてくる、
b0311071_16110477.jpg


頭を下にして樹を下がりながら餌を探せるはゴジュウカラだけ。
体型とユニークな動きで結構人気がある。
b0311071_16110982.jpg

2月おわり

______2013年以前のページはこちら______


[PR]
by fumigera2014 | 2018-02-28 16:52 | 野鳥 | Comments(0)